個人のサイト売買はまだまだ好況!個人ブログやECサイトも売買成立する理由

個人のサイト売買はまだまだ好況!個人ブログやECサイトも売買成立する理由

サイト売買という言葉をご存じでしょうか? ご自身で所有しているアフィリエイトサイトや個人ブログを売却したり、買収したりするM&Aの一種ですが、最近ではECサイトや個人開発のアプリやWEBサービス、SNS集客をメインとする個人事業などの売買も増加し、サイトに限らない売買成立のケースが増えてきました。 今回は、まだまだ好況の個人のサイト売買をあらためてご紹介いたします。

この記事は約6分で読み終わります。

サイト売買は個人でも可能

サイト売買はM&Aの一種ということで、大企業が実施するものと誤解を受けてしまいそうですが、まったくそういったことでへなく、個人でも実際に売買が成立しているとても身近なものとなります。

ブログやWEBサイトを中心にアフィリエイトで稼ぐ人がでてきたり、昨今ではリモートワークや副業などの社会情勢からネット上で副業をしようという方が非常に多くなってします。

またその収益性やあ質においても非常に高いものが増えてきており、サイト売買の需要はいまさらに増加傾向になるという状況です。

売買成立時の売り手や買い手の声としては、「売却金額を元手にさらに新しいビジネスを手掛けようと思っている」、「ゼロから立ち上げるよりも早く成果を出せるため、サイト売買で購入して運用を開始したいと思っていた。」など、それぞれの思いが重なって成立していることがうかがえます。

コロナ後は特に老後不安などの理由から、時間の自由が利き、顔ばれリスクもないネットでの副業ということで、アフィリエイトやECサイト、SNSでの事業展開を始める人が増加し、限られたリソースでの活動となる個人にとって有効活用できる手段の1つとしてさらに注目を浴びています。

個人でサイト売買するメリット

サイト売買を個人で実施する際のメリットはどこにあるのでしょうか。

一番のポイントはやはり時間を有効的に効率化できるという点になるのではないしょうか。

大企業と違い、中小企業や個人は一人でやるべき範囲が非常に多岐にわたります。とくに個人事業主として一人で運用されている場合などは大小全てのことを一人で実施されているということなります。

売却を検討されている場合には、将来稼ぐであろう金額を先に、しかも労働力なしに得ることができるというのは将来のリスク低減という意味でも、将来労働力のカットというてんにおいても非常に有用なポイントとなります。

また購入する場合においても、立ち上げ時の負荷を低減できるにとどまらず、ノウハウをしっかり引き継ぐことができれば、ゼロから学ばなければならなかった部分が効率的に吸収でき、かつ前任者が構築したネットワークまで引き継げる可能性もあるなど、その有用性の高さは明言するまでもないくらいの対価と思います。

個人のサイト売買で売買されるもの

個人のサイト売買も現在では多種多様なものが売買されるようになりました。

アフィリエイトサイトやトレンドブログといった、いわゆる昔ながらのサイト売買はもちろん、ECサイトや通販事業、WEBサービス、SNSやYoutube事業、オリジナル開発のアプリなど非常に多くのものが売買されるようになりました。

これらはつまり、個人で運営する事業が十分世の中に通用し、人々を動かすようになってきているためであるということが背景としてあります。

ワードプレスで作成したブログやサイトがたくさんの人に見られることでアドセンスやアフィリエイトで稼げるようになった、ShopifyやBaseなどで作成したECサイトで自作のアイテムを販売することができた、AmazonSellerなどで自分が好きな韓国雑貨を販売し収益を得ることができた、SNSやYoutubeを毎日更新したりリプライし、ファンを増やしたなど、とても魅力的な事業を展開している個人が増え、またそれらを欲しい個人や法人が増えていることがサイト売買がさらに伸びている要因となります。

個人のインターネット事業が拡大した背景

インターネットを通じた事業が幅広く受け入れられているということと、その事業運営が大幅に簡略化されたことが個人でも事業化できている要因になります。

ECサイトを運営しようと思うとサーバー構築やWEBサイト制作、商品データの管理などとても個人が運用できる技術やコストではありませんでしたが、ShopifyやBaseの登場により、わかりやすく素敵なECサイトが手軽に誰でも安価な価格で運営できるようになり、EC事業者数自体が大幅に伸び、個人も大頭できるようになりました。

また集客においても膨大なコストや専門知識を必要としていた広告運用から、SNSというツールで独自性や工夫は必要なものの、ダイレクトに消費者にメッセージを伝えることできるようになり規模が小さくともしっかり宣伝できるようになりました。

また消費においても、大量生産された均一的な商品よりも、こだわりのある制作ストーリーの見えるものが好まれるなどであったり、同じ商品でもどこで買うか、誰から買うかなど企業においても個がフォーカスされるなど、消費の多様性という背景もかさなり、マーケットの細分化により個人でもチャンスの多い社会となりました。

個人のサイト売買の今後

個人のサイト売買は今後も増加傾向にあると想定されます。

インターネットを通じたビジネスの増加やそれらを運営する各種ツールの簡略化、それによる運用負荷や運用コストの大幅なカットによって個人が大頭するチャンスはますます加速すると想定できるからです。

またインターネットビジネスだけでなく、リアルビジネスにおいてもそれらの兆候はではじめており、エステサロンをはじめとする美容サロンや、スポーツジム、飲食店など、多くの業界で個人事業者による市場占有が高まってきています。

インターネットを通じたビジネスだけでなく、リアルビジネスにおいても運用のIT化、DXが進み、人手が不要になったり、運用コストがカットできたり、世の中のビジネス全体がスリム化されています。

消費者にとっても選択肢の幅が増えるという良い状態であり、個人事業者にとってもビジネスチャンスが増えるというまさにWIN-WINな状態であるため、ますますそういった状況が加速することが想定されます。

個人のサイト売買はますます重要度を増し、売り手にとっても買い手にとっても有用な手段の一つとしてさらに発展することが想定されます。

個人のサイト売買についてまとめ

個人のサイト売買について、アフィリエイトサイトやトレンドブログだけでなく、ECサイトやSNS、Youtubeなどを用いた事業、WEBサービスや、オリジナル開発したアプリまで非常に多岐にわたるものがサイト売買としてやりとりされ、現在も勢いがあるということを書かさせていただきました。

とくにその流れは一過性なものではなく、時代背景や技術革新的な背景もあるため、今後も継続することが想定されるという点が非常に重要かと思います。

個人のサイト売買については有用性や重要性も高まる一方で、初心者や個人の方にも安心いただけるサービスというのが少なかったように感じます。

M&A-WEBは、案件のご登録からご成約に至るまで、売り手様から手数料をいただくことは一切ありません。

買い手様も途中費用不要で成約手数料も安心価格。 売り手様も買い手様も不要なコストが削減できるため、適正価格での成約の可能性が高くなります。

また自動価格決定システムや、チャット機能など便利なサポート機能に加え、匿名性を保ったまま掲載したり交渉したい、本人確認がしっかりできている人と安心して取引をしたい、電子契約書でスピーディーに取引を完結したいなどの安心・安全機能も充実しており、皆様のニーズに合ったお取引が可能なため、気になる方はまずはご相談ください。

サイト売買(サイトM&A)の基礎知識やメリット・デメリットをもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

サイトM&Aとは?基礎知識やメリット・デメリットを解説