フランチャイズで儲かる業界とは?その仕組みや成功のコツを徹底解説

フランチャイズとは、本部と加盟店契約を結びロイヤリティなどを支払うことで、本部の有する商標の使用権や商品・サービスの販売権を得られる仕組みをいいます。 一から店舗を開業するのと異なり、すでにあるノウハウやブランド力を活かせるのが、フランチャイズの強みです。 それでは、ビジネスを始めたいと思ったとき、フランチャイズで儲かる可能性はあるのでしょうか? この記事では、フランチャイズで儲かる仕組みやおすすめの業界、儲けるコツについて紹介していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

フランチャイズが儲かる仕組み

フランチャイズで儲かる仕組みはどのように構築されているのでしょうか。フランチャイズ本部の役割、加盟店オーナーが支払う対価のふたつの視点から、フランチャイズ加盟店が儲かる仕組みを説明します。

フランチャイズ本部の役割

フランチャイズは、フランチャイズ本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)との加盟店契約で成り立った関係です。

フランチャイズ本部は、加盟店に対してブランドの看板のほか、すでに確立した商品やサービスを販売する権利、仕入れルートの確保、商品開発、経営ノウハウなどを提供します。

また、フランチャイズは加盟店からのロイヤリティ(対価)によって成り立つビジネスです。フランチャイズ本部は、ロイヤリティによる利益を増やすため、ブランド価値を落とさない工夫やサービスの向上を図り、儲かる加盟店を増やす努力をしています。

本部が加盟店の利益向上のための役割を担っていること、フランチャイズ本部のもつ経営ノウハウなどを加盟店が確保できることが、フランチャイズで儲かる理由です。

加盟店オーナーが支払う対価

加盟店(フランチャイジー)は、フランチャイザーからさまざまな権利やノウハウの提供を受ける代わりに、加盟金やロイヤリティを対価として支払います。

加盟金は、加盟店契約時に支払う金額のことです。ロイヤリティは、加盟店契約後に継続的にフランチャイザーに支払う費用をいいます。

ロイヤリティの方式はさまざまです。一定額を支払う定額方式のほか、売上額に応じて決まる売上歩合方式、粗利に応じて決まる粗利分配方式など、フランチャイザーによって異なります。

いずれの方式においても、営業利益からロイヤリティを引いた額が加盟店の儲けとなる点は同じです。営業利益をしっかり出せれば、フランチャイズは儲かる仕組みが構築されているといえます。

フランチャイズで儲かる業界

さまざまな業界でフランチャイズ契約が行われています。その中でも、儲かる可能性が高いおすすめの業界を4つ紹介します。

飲食業

飲食業は、フランチャイズの代表的な業界のひとつです。大手企業も多く参加しており、その高いブランド力を活かして集客できる魅力があります。集客のしやすさと利益の確保のしやすさが特徴です。

既存の店舗をフランチャイズ契約によって引き継ぐこともできますので、うまく活用すれば、土地の確保や人材の採用に悩むことなくビジネスをスタートできます。

コンビニ

コンビニ(コンビニエンスストア)業界では、ほとんどの企業がフランチャイズ展開しています。フランチャイズといえば、コンビニをイメージする人も多いでしょう。

コンビニ業界で加盟店契約するメリットは、経営マニュアルが確立されていることです。制約はありますが、マニュアルに沿って進めることで、経営が軌道に乗りやすい魅力があります。

また、コンビニ業界は企業としてのブランド力が高いのも特徴です。広く名前が知られていることから、そのブランド力を活かして、集客に大きな労力をかけることなく経営をスタートできます。

コンビニ経営では、立地は重要な要素です。立地が良ければ、コンビニ経営が初めてでも儲かりやすい仕組みになっていますので、初心者にも向いているでしょう。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは近年需要が高まってきている業界です。フランチャイズ展開している企業も多く見られます。

共働き世帯の増加にともないハウスクリーニングのニーズは高まりつつあり、将来的にも安定した需要が見込めます。

飲食業やコンビニの場合、商品を販売するために商品の仕入や在庫の確保が必要となりますが、ハウスクリーニングは基本的に在庫を置く必要がありません。少ない資金でフランチャイズ契約を始めたい人にもおすすめの業界です。接客が好きな人にも向いています。

コインランドリー

コインランドリーの魅力は、ランニングコストがあまりかからない点にあります。まず、常時スタッフを置いておく必要がないため、人件費はかかりません。店舗にスタッフがいなくても経営できることから、副業として始める人もいます。

必要な経費も、電気代や水道代などの水道光熱費のほか、洗剤代などシンプルです。洗濯機や乾燥機などの機材の購入費や設置費用、給排水設備の整備などの初期費用はかかりますが、低いランニングコストで利益を出すことができます。

一方で、客単価が低めなのが懸念点です。大きく儲けるためには立地やサービス内容などに工夫が必要ですが、安定性がある面で魅力は大きいです。

フランチャイズで儲かるためのコツ

フランチャイズで儲かる可能性が高い業界について紹介しましたが、その業界でフランチャイズ契約をしたからといって自動的に儲かるわけではありません。ここでは、フランチャイズで儲かるための3つのコツを紹介します。

競合が少ない業界を選ぶ

近隣に競合他社が多くある状況だと、店を出しても埋もれてしまうおそれがあります。

事業を展開したいエリアに競合が多いと、競争が生まれることから、思ったように利益が上がらないといったこともあります。

フランチャイズで儲けるには、できるだけ競合のいないエリアに展開するのがポイントです。フランチャイズ契約をしてから失敗しないためにも、事業を展開したいエリアの市場調査を徹底しましょう。

フランチャイザーについて調べる

フランチャイズで儲けるためには、フランチャイズ契約を結ぶフランチャイザーについてもよく調査しておきましょう。

安定している企業なのか、今後も安定した利益を狙える業界なのか、フランチャイザー自体の経営状況や業界の動向も把握しておくことは大切です。フランチャイザーによって経営の仕方は大きく変わりますので、どんな企業か、十分な業績かなど把握しておくことで、フランチャイザーを選択する際の判断材料にもなるでしょう。

また、同じ業界のフランチャイズであっても、フランチャイザーによってサポート体制が異なります。どこまでサポートを受けられるのか、対価に合ったサポートなのかも確認しておくと安心です。

初期費用の計算や収支予測を立てる

フランチャイズで儲けるためには、継続できる経営を目指す必要があります。赤字経営にならないよう、初期費用、加盟金、事業開始に必要な費用に加え、開業資金の返済やロイヤリティも計算に含めて、初期から収支計画を立てるようにしましょう。

収支予測を立てておくことで、どのくらいの利益が出そうか、どのタイミングで規模を拡大できるか、ある程度の予測ができます。

余裕をもった経営計画がないと、契約を締結しても赤字が続いて廃業になることもありますので、経営計画はよく練っておきましょう。

まとめ

フランチャイズの仕組みを活用すれば、業界や競合の動向、契約するフランチャイザー次第でしっかり儲けを生み出すことができます。しかし、メリットばかりではありません。ブランド力がかえってネックになり、独自性を出せないなどのデメリットもあります。

フランチャイズではなく、すでに儲けを出している飲食店やエステサロンなど、事業を購入するのも方法のひとつです。

M&A-WEB」では事業を売りたい人と買いたい人をマッチングするサービスを提供しています。丁寧なサポートと効率的なマッチングで理想の相手先とのM&Aが実現できるのが魅力です。

事業の買い取りをお考えなら、M&A-WEBへご相談ください。